福井城



福井城の歴史を訪ねる。
P1000314.JPG


結城秀康公
P1000315.JPG


石垣
P1000316.JPG



石垣
P1000318.JPG


福井城

城郭構造 輪郭式平城

天守構造 望楼型4重5階(1601年・非現存)

築城主 柴田勝家

築城年 1575年

主な改修者 結城秀康

主な城主 柴田勝家、越前松平家

廃城年 1871年

遺構 石垣、土塁、堀


福井城は、織田信長配下の軍勢によって朝倉氏が滅亡した後、明智光秀が

北ノ庄城に入城し戦後処理にあたったと記録されるが、当時この地に城が存在

したかは判然としない。存在したとしても、簡易な前線基地か砦程度の物で

あったと推定されている。後、柴田氏が天正3年(1575年)に築城した

「柴田氏北ノ庄城」と、後、その跡地に結城氏によって慶長6年(1601年)

に築城または改築を受けた「結城氏北ノ庄城(後に福井城に改名)」とが

あるため、北ノ庄城は大きく2期に分けられている。現在見られる福井城の

遺構は第2期のものである。

柴田氏北ノ庄城と結城氏北ノ庄城との関係について、柴田氏のものを結城氏

が改築したもの、柴田氏のものの跡に結城氏によってまったく別の城として

築かれたものという解釈がある。現状では前者の調査がほとんど進んでいない

ため不明である。そのため前者と後者を区別しないこともある



日本の「城」巡りTOP







posted by oojijisun at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。